デリヘル本番 < 出会い系スグ会いたい掲示板

コスパを考え、ターゲットを30代半ば〜40代前半に絞る

私は、ターゲットを30代半ば〜40代前半に絞る事にした。その方が話しも合うし、何より夏希の半分も出せば抱ける事は調査済みだった。

 

 私は、再び情報収集に努めた。

 

 先ず、メモ機能と無視機能を用いて毎日の様に募集している女性を除外する。

 

 

 さらに、残った女性のうち、明らかに容姿が悪い女性を除外することにした。

 

 体型を『ぽっちゃぽちゃ』としている女性は、私としては『タダ』でも抱きたくなかった。

 

 

 ところが、そうなってくると極端に候補が少なくなる。

 

 

 掲示板への募集が全くないという日も続いたが、私は焦る必要はなかった。別に何が何でもセックスしたいという訳ではない。

 

 

 気長に条件の合う相手を待つつもりだった。

 

 

 そして、2週間ほど経った頃、ようやく私の条件に合う書き込みを見つけた。

 

 

 

 

 30代後半で体型もスレンダーとなっている。

 

 

 美香と名乗るその女性に、私はコンタクトをとった。

 

美香の書き込みは、『今日の夕方以降、会える人はいませんか?』という内容だった。

 

 

 私がサイトに登録して以降の1か月間、書き込みはしていなかった。

 

 常連ではないようだ。

 

 

 私のコンタクトに対して返ってきた返事は、条件『別苺』という内容だった。申し分ない。

 

※『苺』とは、1万5千円を指す隠語のこと。

 

 

 私は、直ぐに彼女の条件を承諾し、待ち合わせ場所を決めた。

 

 

 待ち合わせ場所は、寮から車で20分程の運動公園の駐車場。

 

 そこは高速のインターからも10分程で、インターの付近は有名なラブホ街だった。待ち合わせの場所としては絶好と言って良い。

 

 

 待ち合わせの時刻に、私はその駐車場で美香が到着するのを待っていた。

 

 

 薄暗くなった駐車場には車も疎らに止まっているだけだ。

 

 お互いの車の特徴は伝えてある。容易に探しあてられるだろう。

 

 

 

 ただ、警戒は怠る訳にはいかない。『美人局』の可能性もあるからだ。

 

 私は、念の為に早めに到着して不審な車がないかチェックしておいた。そして、万が一の為に直ぐに逃げられるように駐車していた。

 

 

 

 約束の時間を少し遅れて、美香がメールで知らせてくれた特徴の車が駐車場に入ってきた。