デリヘル本番 < 出会い系スグ会いたい掲示板

なんとも言えぬ興奮

 

 

驚きながらも、先端を口に含み、舌先でその感触を味わうと、見る見るその先端が口の中で硬くなるのが分かった。

 

 

 さらにもう片方の先端も同様に硬く尖らせ、その尖った先を指で弄ぶと、夏希は大きく声を漏らした。

 

 間髪をいれずに、今度は片方の手で夏希の花弁に指を這わせる。

 

 

 そこは、既にいつでも私を迎え入れる事ができるくらいに濡れそぼっていた。

 

 その十分に湿った花弁の入り口に沿い、中指をゆっくりと上下に滑らすと、夏希はまたもや大きく声を漏らし、そして、私にしがみついてきた。

 

 

 夏希の口から漏れる振動が、私の肩の部分で震える。

 

 

 

 私はなんとも言えぬ興奮に全身の血の流れが急速に速くなるのを感じた。

 

 

 

 既に私も、いつでも準備は整っていたが、やはり若い娘のお口を堪能したいという要求が湧き上がり、夏希の頭をそっと包みながら、私のいきり立つモノヘと導いた。

 

夏希が躊躇なくそれを口に含むのを確認すると、私は仰向けに寝そべり、若い口に意識を集中した。

 

 

 

 蕎麦をすする様な音が静かな部屋にこだまする。

 

 

 

 既に十分に大きくなった私のモノがさらに大きくなるのを感じた。

 

 

「ありがとう」

 

 夏希に声を掛けると、私は枕元にあった避妊具に手を伸ばし、それを彼女に渡した。

 

 

 

「え、あたしが着けるんですか?」

 

 

「うん、そのまま手で刺激しながら着けて」

 

 

「なんか、自分で着けるのって難しい」

 

 夏希は、と言いながら不器用に
それを被せ、ロールされている部分を延ばした。

 

 

 

夏希の仕事はそこまでだ。

 

 

 

私は、夏希を仰向けに寝かせ、脚を広げてその間に体を沈めていった。

 

 

 

堅いな・・・