デリヘル本番 < 出会い系スグ会いたい掲示板

何という弾力!

その間も、ガウンの上から肉がたっぷり詰まった乳房を揉みしだく。むうんむん、と塞がれた口から美咲の喘ぎ声が漏れ出した。

 

 私がガウンの袂を開くと、弾力感に満ちた大きな乳房が3DSのゲームの様に飛び出してきた。私は、たまらずそれにむしゃぶりついた。

 

 

 

 何という弾力だ!私は感嘆せずにはいられなかった。久美のスライムの様に柔らかい乳房も良いが、これだけ弾みのある肉の塊は、手のひらを通じて直接的に脳を刺激した。

 

 その肉の塊の先端、尖った部分を私は口に含み、舌を絡めながら吸った。左を右を丹念にしゃぶりながら、両手のなかゴムまりを揉みくちゃにした。

 

 

 美咲は顔に似合わず可愛らしい声をしている。あぅん、あぅんと若い女の子の様な喘ぎ声を聞いていると、私の興奮度合いは益々上昇した。美咲をひっくり返し、後ろからゴムまりを鷲掴みにし、うなじから耳へと吐息をかけると、美咲は身体を半転させキスを求めてきた。

 

 

 

 私も身体をずらし、美咲の唇を吸おうとした。

 

 

 

 

 その時、私のいきり立った分身の先端に、にゅるりと生温かい感触が走った。

 

 

 既に準備が整っているのだろう、その先端が美咲の蜜壺に収まったのだという事は直ぐに分かった。

 

 

 

「チョット待って、今ゴムを着けるから」

 

 

 流石に人妻と生で交渉する訳には行かない。私は辛うじて理性を働かせ、枕元の避妊具に手を伸ばした。そして、それを素早く着けると、そのまま後ろから美咲を犯した。

 

 

 

「ああ〜、す、凄い、固い〜」