デリヘル本番 < 出会い系スグ会いたい掲示板

失恋ではじめた出会い系サイト内日記

久美との別れは、私の心に大きな傷となって残った。

 

 これまでにも失恋したことは何度かあったが、そんなこと、ずっと昔のことだ。すっかり私の中から免疫は消え去っていた。

 

 

 寝ても覚めても久美のことが頭から離れなかった。

 

 

 40歳を超えた中年男が失恋してメソメソと涙を流す。そんなことだからお前は女にふられるのだ。自己嫌悪にさいなまれ、気持ちが塞ぎ込んだ。

 

 仕事が終わり、むさ苦しい男の体臭が漂う寮に帰ると、より一層久美の柔らかい肌と甘美な香りが懐かしく感じられた。

 

 

 久美と過ごした時間、そこはそのままぽっかりと空いた時間となり、私はそこを埋める術を見いだせないでいた。

 

 

 

 サイトにログインはするが、以前のように掲示板に書き込みをするでもなくまた、女性の掲示板を覗くこともしなかった。

 

 

 

 私は、ただ何度も何度も久美のプロフィールを眺めていた。

 

 

 

 何日そんな日が続いただろう。そうするうちに、私はあることに気付いた。

 

 出会い系サイトには、様々な機能が備わっている。

 

 

 私が今まで利用していたのは、その一部でしかなかった。

 

 久美のプロフィールページには、次から次へと男からのメッセージが書き込まれていた。私は、これらをチェックする目的もあって久美のページを見ていたのだが、今まで見向きもしなかった『日記』という機能に注目した。
 久美は、私と付き合う以前から日記を書いていた。

 

 

 私は、こんなところで日記なんて書いてどうするんだ?としか思っていなかったので、それまで読んだことがなかった。

 

 私は、恐る恐る、彼女の日記を読んでみた。

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

 久美の日記は、何ということはない、仕事上の出来事や日々の雑感を綴ったものでしかなかった。

 

 

 何だ、つまらない。と思ったものの、私は日記機能の存在意義を理解することができた。

 

 

 日記には、本文とは別に読者の感想を書き込めるコメント欄が存在した。久美の日記にも何人かの男性からコメントが書き込まれていた。

 

 

 

 なるほど、ここで他のメンバーと交流するのか。コメント欄への書き込みにはポイントはかからない。男性にとっては絶好の交流の場という訳だ。

 

 そして、私はもう一つの発見をした。コメントのやり取りから久美も他人の日記を読んでいることが分かったのだ。

 

 

 

 もしかしたら、私が日記を書けば久美が読んでくれるかも知れない。

 

 もはや、久美が私の元へ戻ってくることなど期待していなかった。だが、私の気持ちを彼女に知ってもらいたい。そんな女々しい想いが私の中で膨らんでいった。

 

 

 

 私の気持ち、それは久美に対する感謝の想いだった。

 

 

 

 私は、彼女のおかげで忘れていた感情を思い出させてもらえた。確かに最後は辛い別れで終わってしまった。それでも彼女と過ごした時間は、私にとっては幸せな時間だったのだと、伝えたかった。もう彼女に直接伝えることはできない、ならば日記を介して伝えよう。

 

 

 

 私は、そんな独りよがりなことを考えていた。