デリヘル本番 < 出会い系スグ会いたい掲示板

私の上に跨って腰を狂ったように振り回す

滴る蜜をすくいながら縦に割れた花弁を指の腹でなぞると、美香のハスキーな声が一段と大きくなった。

 

 

 何度かそれを繰り返し、蜜で溢れる壺に指を差し入れた。

 

 

 

 一本・・・二本・・・

 

 

 

 差し入れた指で蜜壺をかき回し、ザラザラした壁を強く刺激すると、美香はもがき苦しむように腰を浮かし、つま先を水かきするようにバタつかせた。

 

 

 

 人妻が恥ずかし部分を晒して腰をくねらせている。

 

 

 

 私は、言いようのない興奮に我慢できずに、枕元の避妊具を手にすると素早く装着した。

 

 

 

 

 そして、美香の腰を掴み、引きずりあげると一気にいきり立つモノを蜜で溢れかえる壺の中に・・・

 

 

 

 

ねじ込んだ。

 

美香がひときわ大きな声を上げる。

 

 

 それを合図にするかのように、私は激しく腰を打ちつけた。

 

 

 

 犬の様に四つんばいになり、背を反らせて絶叫する美香に私は益々興奮し、その細い腰を鷲掴みし、乱暴に打ち続けた。

 

 

 

 

 全力疾走したように息が乱れる。

 

 

「上になってくれ」

 

 

 私は、四つん這いになっている美香の横に仰向けに寝ると、彼女の手を引っ張って上になるように促した。

 

 

 

 美香は、気怠そうに私の上に乗ると、私のいきり立つモノの上に腰を沈め、リズミカルに動き出した。

 

 

 

 

 美香のサラサラのヘアが燃え盛る炎の様に乱れる。

 

 

 前へ、後ろへ、そしてグラインドさせ、人妻が他人の上に跨って腰を狂ったように振り回す様は、異次元の興奮を私にもたらした。

 

 

 

 やがて、疲れ果てたのか、美香は私の胸に倒れかかり、肩で大きく息をした。

 

 

 私は、そのまま美香を抱きしめ、くるりと身体を入れ替えると、今度は美香の太ももを抱え上げ、最後の仕上げにかかった。

 

 

 口を半開きにし、息を切らしている美香を見下ろしながら、私は身体の奥から湧き出る感覚に、意識を集中した。